interior CASA -- vintage official BLOG --

家具や建築デザイナー・職人技が輝いた時代、1940~1970年代を中心とした北欧ビンテージ・フレンチビンテージを紹介。タイムレスデザインを空間の1つに提案します

北欧好きな方には、あまり馴染みが薄いのがフランスデザイナーかもしれません。
北欧やアメリカのミッドセンチュリー期のデザイナー家具は、インテリアショップで出会う確率も高く、リプロダクトされている家具も多い。



多くのデザイナーがより良い物を作るためにデザインし、製造されていきました。

有名なデザイナーと言えば、フランスの名建築家『ル・コルビジェ
_20190509_233012
コルビジェは建築パートナーであったピエール・ジャンヌレとシャルロット・ペリアンの3人で1920年代に考案した金属を使った家具で一躍世界中で注目され、現在でも人気を集めてます。

ただ、第一次世界大戦、第二次世界大戦と戦争が続くなかで、庶民に馴染みのある家具が、次第に材料高騰で疎遠となり始めました。
特に第二次世界大戦で最大級の被害を受けた都市と言われるル・アーブル。その復興計画の中で急ぎ家具を作る必要性があり、建築家『Auguste Perret』によるル・アーブル再建計画の一環として、Gabrielが依頼されデザインしました。 
それがこちら
141597239


Rene’Gabrielは“mobilier d'urgence”と言われるシリーズで、直約すると“=応急の(緊急の)家具 ”といった意味合い。身近な木材を使い、一度に大量に生産、運搬できるように考えられたデザインされた椅子

141597239_o13

凛とした佇まい。

椅子が空気を創るかのような。


そんな材料の素材を生かしたシンプルモダンアートこそがフランスデザインの一編と言えるかもしれません。








--------------------------
interior CASA 

【公式HP】

【店舗/ Blog・店舗イベント・セール案内】
----------------------------- 
interior CASA
店舗
◼️柏店
千葉県柏市中央2-1-4
04-7167-0166

◼️恵比寿ショールーム(予約制)
東京都渋谷区恵比寿3-15-5

お問い合わせは柏店にお願いします。

-------------------------------------


千葉県柏市でアンティーク家具、ビンテージ家具、ビンテージ照明や雑貨を販売しています。
5F建ての店舗の5Fに倉庫・メンテナンス工房を併設し、修復してから、お客様のもとへお届けします。

デンマーク、イギリス、フランスにて買付したアイテムを直接コンテナで入荷させます。

北欧家具、チーク家具、フレンチ、モダンなダッチデザイン、インダストリアルなど、もちろんウェグナー・モーエンセンといった著名なデザイナー、ERCOL(アーコール)、G-PLAN(Gプラン)まで幅広く取り揃えております。

interior CASA

【Official Web Site】

モダンビンテージ インテリアカーサ

【Blog / SNS】

facebook / Instagram / twitter / アメーバブログ / LINE@


【店舗】

首都圏最大級のビンテージストア

[Modern Vintage InteriorCASA 柏店]
〒277-0023
千葉県柏市中央2-1-4 ➡MAP
営業時間 / 平日10:00~19:00  土日祝10:00~20:00
定休日 / 11月より毎週水曜日, 1月1日


完全予約制のビンテージ家具ショールーム

[Modern Vintage InteriorCASA 恵比寿ショールーム]
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿3-15-5 ➡MAP
営業時間 / 完全予約制
定休日 / 不定休
ご予約フォームより是非、ご予約下さい。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット