interior CASA -- vintage official BLOG --

家具や建築デザイナー・職人技が輝いた時代、1940~1970年代を中心とした北欧ビンテージ・フレンチビンテージを紹介。タイムレスデザインを空間の1つに提案します

人はなぜ脚付き家具に魅力されるのか・・・・

Dyrlund,サイドボード,teak,北欧ビンテーシ,UD_RW-SCA2000_01


【脚付き家具の魅力】

インテリアカーサは脚付き家具(北欧家具)を薦めたい!!
『掃除しやすい』『部屋を広く見せる』『通気性が良くて長持ち』


1.『掃除しやすい』


北欧サイドボード,UKビンテージ,チーク,SB1822_01

『家具』は一度置くとなかなか移動が出来ない。TVボード、食器棚、
ソファなど大きい家具になればなるほど、周りにホコリが溜まりやすい。

モップ、掃除機、掃除ロボットが簡単に入ります。




2.『部屋を広く見せる』

G-plan,E-gomme,siera,sideboard,UK,vintage,teak,SB1732_01

お店で見るのと、部屋に置くのでは、サイズ感が違う!!これは天井高や空間の大きさが生じる原因のひとつ。
まずサイズを確認して家具は買いたいものですが、一目惚れもあるあるです。

目に入る床面積が増えることで、部屋が広く見えるようになります。床を大きく見せることで、視覚的に開放感が生まれます。

大型家具になればなるほど・・・

存在感+圧迫感は、ちょっとね・・・



3.『通気性が良くて長持ち』


SB1812,Sideboard,Mcintosh,UK Vintage,teak,2


通気性が良くなることで家具は長持ちします。
えっ??と思われるかもしれませんが、木製品の天敵は湿気です。
脚付きなら、そんな湿気からグッバイです!!
家具・床のカビは風が通らないのが原因。いかに風の道を作るかがポイントとなります。

日本とヨーロッパの気候は違いますが、北欧は白夜と呼ばれる1日中真っ暗という気候もあります。カラッとしないから、水気が床に滞留してしまいがち。
脚付き家具は床から離す為の工夫の一つでした。

当店が薦める脚付き家具の北欧家具は、40~50年前に製造されており、もうしっかり長持ちしているのですが、目指せ100年でしょうか!!

細い脚で頭でっかちを支える不思議な構造は、
高い木工技術と当時でしか手に入らない良質な材木が生んだ芸術なのかもしれません。


そんなタイムレスな家具。出会ってほしいなぁ~~~




interior CASA

【Official Web Site】

モダンビンテージ インテリアカーサ

【Blog / SNS】

facebook / Instagram / twitter / アメーバブログ / LINE@


【店舗】

首都圏最大級のビンテージストア

[Modern Vintage InteriorCASA 柏店]
〒277-0023
千葉県柏市中央2-1-4 ➡MAP
営業時間 / 平日10:00~19:00  土日祝10:00~20:00
定休日 / 11月より毎週水曜日, 1月1日


完全予約制のビンテージ家具ショールーム

[Modern Vintage InteriorCASA 恵比寿ショールーム]
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿3-15-5 ➡MAP
営業時間 / 完全予約制
定休日 / 不定休
ご予約フォームより是非、ご予約下さい。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット