interior CASA -- vintage official BLOG --

家具や建築デザイナー・職人技が輝いた時代、1940~1970年代を中心とした北欧ビンテージ・フレンチビンテージを紹介。タイムレスデザインを空間の1つに提案します

カテゴリ: interior CASAについて

人はなぜ脚付き家具に魅力されるのか。

人はなぜ脚付き家具に魅力されるのか・・・・【脚付き家具の魅力】インテリアカーサは脚付き家具(北欧家具)を薦めたい!!『掃除しやすい』『部屋を広く見せる』『通気性が良くて長持ち』1.『掃除しやすい』『家具』は一度置くとなかなか移動が出来ない。TVボード、食器 …
続きを読む
インテリアを通して担う役割

『FUN』 インテリアカーサが生まれ変わり、そして早いとこで 約1年!!我々が担う役割とは・・・と、ふと考えてみました。20年前のカーサ「モノ」としての考え方。モノを並べる店舗作り。10年~リニューアル前のカーサとして「モノからコトへ」という考え方。イメージ …
続きを読む
『蚤の市』 in  柏の葉 

当店の同市内で開催された『蚤の市』に参加奥の建物『柏の葉 T-site』の一部駐車場にて開催。10:00開始でしたが、9:00頃から準備しながら多くのお客様に出会い、お話しさせていただきました。本当に感謝、感謝 、感謝♪蚤の市は音楽と多くの話し声が漂う異空間。海外でのスロ …
続きを読む
ビンテージ家具入荷

イギリスビンテージ当店が取り扱っている北欧ビンテージ家具も国によって、デザイナーによって様々なデザイン・機能があります。代表する国であげますと、デンマーク、イギリス、ノルウェー、スウェーデンでしょうか。今回入荷したのはイギリスの北欧家具が中心です。■チー …
続きを読む
『オススメコーデ』

今回は、こんなラウンジお洒落ですねをコンセプトにワンシーンを作りました。 ホテルや美容室に行くと、備え付けの什器にパンフレットなどが無造作に置かれています。「やっぱり木の雰囲気があると良いですよね」と始まった家具選び!!まずは、パンフレットやアメニティな …
続きを読む