interior CASA -- vintage official BLOG --

家具や建築デザイナー・職人技が輝いた時代、1940~1970年代を中心とした北欧ビンテージ・フレンチビンテージを紹介。タイムレスデザインを空間の1つに提案します

カテゴリ: デザイナー家具について

フランス復興を支えたデザイナー

北欧好きな方には、あまり馴染みが薄いのがフランスデザイナーかもしれません。北欧やアメリカのミッドセンチュリー期のデザイナー家具は、インテリアショップで出会う確率も高く、リプロダクトされている家具も多い。多くのデザイナーがより良い物を作るためにデザインし、 …
続きを読む
デザイナーズ  チェア

『TOLIX A chair』フランスを代表する家具デザイナー:グザビエ・ポシャールが、1934年にデザインした『Aチェア』当時から店舗として屋外、室内と使用できることから、インダストリアルの流れを作ったデザインの一つではないでしょうか。やはりメタルシートを折りたたんで製造 …
続きを読む
THE FALCON CHAIR/ファルコンチェア

『座る。寛ぐ。癒す。』ノルウェーでは、1日中暗い白夜があり、1日中家に滞在することも、しばしばあるそうです。そんな文化の中で生まれた座り心地はハンモックのようなリラックスできる座りご心地に加えて、ノルディックデザインらしい成形合板による曲木によりフレーム …
続きを読む
幻の椅子『JH503』

ビンテージ家具ならでの魅力の1つが、何かの理由で生産されなくなったアイテムではないでしょうか。今回ご紹介させていただくのは、愛称『The chair』〜椅子の中の椅子〜Designer: Hans.j.Wegner(ハンス.J.ウェグナー)No.503デザインの椅子現在はPP mobler社で生産されており …
続きを読む
北欧デザイナー家具の虜

家具デザイナーで誰が好きという話になると家具好き同士ですと話が止まりません。お客様と話をしていても、あっという間というケースも只あります。好きなデザイナーの一人が『Hans.j.wegner』ハンス.J.ウェグナー彼のデザインされた家具の中で欲しいと感じているのが『ベアチェア』 …
続きを読む